暑かったり肌寒かったりするから体調管理には要注意です

楽しみな明日

明日は4週間ぶりに大学病院に行く日です。

 

友達とお昼前に待ち合わせをして、一緒にランチを食べてからバスに乗って大学病院まで行く予定です。

 

ランチは木曽路でしゃぶしゃぶを食べるつもりでいます。

 

木曽路からハガキが届いて、しゃぶしゃぶ肉1人前追加プレゼトなので、二人で1人前のしゃぶしゃぶをシェアして食べる予定です。

 

この間も私の誕生日でしゃぶしゃぶ肉1人前が追加プレゼントだったので、1人前をシェアして食べたのでした。

 

野菜が1人前でも食べきれないくらいたくさんあって、シェアして食べるのが一番いいと感じました。

 

明日は友達が一緒に大学病院まで行ってくれるので、楽しみにしています。

 

静岡にいるおばさんにドリップコーヒーを送りたいと思っていて、大きめの封筒を買わねばなりません。

 

おばさんはインスタントのコーヒーを飲んでいるそうなので、ドリップコーヒーも美味しく飲めるだろうと思って5パックくらい送ろうと思っています。

 

今日は天気が悪いのですが、明日は晴れ間が見えるくらい天気がよくなるそうなので、傘を持ってでかけなくてもいいのでラッキーだと思います。

 

気候もよくて、コートがいらないので、身軽で出かけることができるのです。

 

脱毛サロンの口コミ評判ランキング@脱毛エステの選び方@

甘ったれた自分とはわかってはいますが。

 

私が勤めている会社は、基本的に土曜日・日曜日が休みではあります、しかしゴールデンウィークや年末年始など長期休みの時には、連休をなるべく取らせてくれるためであるのか、祝日は連休となります。

 

そんな月はなおも他の土曜日や日曜日が休みとなるわけではなく、月に8日間休みという形態をとり、連休で休みを取った分は、土曜日が出勤となります。

 

もう体が週休2日に慣れてしまっているためなのか、一週間に6日間勤務の時には、体力的につらいし、いつものブルーな月曜日の「青さ」加減がさらに増します。

 

一昔前までは、週休2日の企業というのは珍しかった時代もあるし、今現在でも月に4回の休みや6回の休みと設定している会社も多くあることを、私はもちろん理解しているつもりではありますし、たまにしかない週休1日のときの不満を言うことが、多くの反感を持たれることも承知していますが、慣れというのは本当に怖いなと思います。

 

週に1日しか休みがないと、午前中は掃除や買い物などで終わってしまうし、午後は次週の6日間勤務に備えて体力調整をしなくてはと考え、休みだからと言って遊びに行く余裕は私にはありません。

 

無理にでも遊ぶ時間を作ろうものなら、6日勤務の半分の水曜日あたりに体力も精神も限界に近くなることがわかっているので、できない状況です。

 

もっと「働きすぎる日本」の慣習が変わっていくことを切に望んでいます。

世の中は景気が回復しているというけれど

 

日経平均株価も上がり、世の中の景気は回復傾向にあるようですが、末端の我が家の景気は良くなるわけではなく、いまだに節約生活を強いられています。

 

そんな堅実な生活を送っている我が家に青天の霹靂とも思える出来事が突然起こりました。

 

そう、夫が職を失ったのです。

 

正確に言うと、夫の勤めていた会社が倒産してしまったために、仕事がない状態になってしまいました。

 

夫の年齢は40代も後半にさしかかろうとしています。

 

しかし、夫なりに会社が傾いている状態であるということは感じ取っていたようで、転職エージェントに登録したりと、事前に色々動いていたようです。

 

また、自分のスキル磨きも行っていたようで、会社が倒産した後もすぐに新しい職を見つけることが出来ました。

 

一時は露頭に迷うかもしれないと気が気ではなかったのですが、職探しがスムーズに行き良かったなと思っています。

 

職を失うなんていうことは、他人事のように思っていた部分があるのですが、誰にでも起こりうる身近な出来事だと実感した次第です。

 

普段から節約生活を心がけ、微々たる金額ではありますが貯金をしていたので、失業期間が少しくらい長くても大丈夫だろうともいう気持ちもありましたが、住宅ローンもあるので仕事が見つかり良かったなと思っています。